新宿の美容外科クリニックで膣縮小の無料モニターを体験しました

自分の脂肪なので拒絶反応も起こしにくいという点が気に入って選びました

出産後に広がってしまった膣の入り口が上手く収縮しないで隙間が出来た自分の脂肪なので拒絶反応も起こしにくいという点が気に入って選びました夫にもしまりが良くなったと言われ、プールでも水が入らなくなりました

無料モニターについての説明がなされて、他の患者さんが施術を受けた時に術前と術後の患部の写真を撮って説明するのを見たことがある人もいるかもしれませんが、その時の写真画像の提供と術後の簡単なコメントを書くものでした。
買い写真を提供すれば、さらにお金を出しますと言われましたが、それには抵抗があったので患部の写真と言う事で恥ずかしい気持ちがありましたが無料で受けられるので契約しました。
その後の施術の流れは通常の患者さんと同じで、膣縮小術の流れで3種類ある事から説明されました。
一番簡単な施術がヒアルロン酸を入り口の粘膜に注入して、ヒアルロン酸によって膣の入り口を狭める方法でした。
この方法は簡単に施術が出来て、日帰りで簡単に出来てその日から性生活が出来るメリットがある反面、効果も短くてその都度うけなければならないので面倒なのでやめました。
もう一つの方法が、メスを使って行う方法で筋肉層と膣粘膜を剥離させる方法で、膣のひだが出来るのがメリットと言われましたが、性交渉が出来るまで1カ月もかかると言う事で夫に浮気されると考えて断念しました。
最後の選択肢の他の部位から脂肪を抽出して行う方法で、ヒアルロン酸よりも長期間持続して、さらに自分の脂肪なので拒絶反応も起こしにくいという点が気に入って選びました。
脂肪注入膣縮小の契約をして、手術で麻酔を使うのでそのための服薬履歴や、血圧や血液検査などを行いました。
体重を最後に測って、麻酔使用量を調べて手術日を決めました。